お酒ばっかり飲んでるわけじゃないですよ。

このブログは、かたせうみがお酒について書くブログです。

これはおすすめ!北海道の美味しいお酒「国稀」

こんにちは。

最近、お酒のブログを始めたのをいい事に、色々お高めなお酒を買ったりして金欠となっているかたせうみです。

 

以前から『国稀』『国稀』と書いていて、ちっとも記事を書いていなかったんですが、買ってきました。

 

じゃ~ん、『国稀特別純米酒』です

 

f:id:kataseumi:20171015172151j:plain

f:id:kataseumi:20171015172152j:plain

f:id:kataseumi:20171015172153j:plain

国稀は、北海道の増毛町にある、日本最北端の酒蔵です。

以前、飲みに行っていた小料理屋さんに「今オススメのお酒だから!!」

と勧められました。

 

今回買ったのは、特別純米で1600円位。

同じ大きさの「佳撰」と比べると、倍くらい値段が違います。

日本酒のまずいのは飲みたくないので、思わず高い方に手を出してしまった。

 

f:id:kataseumi:20171015172155j:plain

奥にあるお会い缶は何でしょうか?

 

「始めはビール」が欠かせない私なので、先にコンビニ限定、サッポロの『至福のキレ』なんていうのも飲んでいます。

 

余談ですが、これはまぁまぁだったかな~・・・。

もう買わないけど。

サッポロが「キレ」とか言っちゃったら、つまらないじゃないのよ。

と思う。

 

さて、味はどうでしょう・・・・?

 

あ、やっぱり美味しい~。

この間の「八海山」にくらべてまろやかで甘味が少しある。

くせも無く飲みやすい。

「これ、美味しいねぇ。」と言いながら、夫とぐいぐい飲んでしまった。

 

肴は、『酒盗クリームチーズ』。

クリームチーズをさいの目に切り、カツオやマグロの酒盗をかけたもので、私のお気に入り。

チーズはさいの目にしなくてもいいんですが、この様にカットしてからにすると、味が違って美味しいんですよ。

多分、酒盗との絡みが良いんだと思います。

 

鰯の丸干しも良かったです。

 

国稀 特別純米酒 1.8L

国稀 特別純米酒 1.8L

 

 

これだけ美味しかったら、安い方の国稀にも期待しちゃうな、今度買ってみよう。

それではまた。

読んでいただき、有難うございました。

 

久々に八海山。と、幻の瀧

こんにちは、かたせうみです。

前回「越の雪椿」を飲んで、『日本酒ってこうだっけ?』と思ったので、大枚はたいて買ってきました。

 

八海山

 

f:id:kataseumi:20171008222901j:plain

 

小さいやつです。

1000円位だから、前回の雪椿に比べ、高価格ですよね。

あっ、別に雪椿が美味しくなかったとかではないんです。

f:id:kataseumi:20171008222904j:plain

塩辛と、買ってきた焼き鳥。

 

八海山といえば、お酒を飲むなら知らない人はいない有名銘柄。

今はどこでも手に入りますが、『夏子の酒』が流行った20年前は、手に入りにくかったんですよ~。

 

さて、お味ですが。

 

辛っ!

キレがある。

やっぱり、この間の私の違和感は間違いではなかった。

 

舌にそんなに自信がある訳ではないけれど、私の思っている日本酒の味。

 

フルーティーではないけれど、嫌みのない、塩気やお刺身の脂によく合う味。

少しだけアルコール度の高さを感じさせる。

 

やっぱり好きな味。

こうなってくると、片っぱしから飲みたいけど、日本酒ってお値段に幅があるんだよね・・・。

 

どなたか、安くておいしい銘柄教えてください。

月並みですが、十四代が好きです。

買えない・・・・・・。

 

試してみたかった、ちょっとシリーズ

 

前回、280円位で、数種類出ている『名水シリーズ』の話をちょこっとしましたが・・。

買ってみました。

ちょっと怖いので、安定の『幻の瀧』

f:id:kataseumi:20171008222907j:plain

『幻の瀧』は、富山のお酒だったと思う。

 

昔、日本酒を飲んでた時、「出身地の酒を飲む。」といって、友人が飲んでいた。

私も飲んだけど、美味しかったと思う。

 

はい、安定の味です。

八海山より、味を感じさせるかな?

 

このシリーズ、他に『あさ開』とか『ねのひ』なんかがあります。

『ねのひ』のいいのを飲んだ事が無いので、『ねのひ』がこのシリーズに入っていると言うだけで避けていた。

 

飲みきりサイズでちょうどいい。

 

今度『ねのひ』も飲んでみよう・・・・。

いや、やめておくかな?

 

読んで下さった方、有難うございました。

自家製塩辛と日本酒

こんにちは、かたせうみです。

イカが不漁の今年、ついになかなか良いイカを入手!

早速、塩辛にして5日目、今日は日本酒でゆっくり飲もう~っと!

というわけで、近所のスーパーで物色。

お高い有名銘柄は今日はパ~ス(お金無いから)

塩辛の作り方記事

 www.kataseumi.com

そんな訳で買ってきました

f:id:kataseumi:20171001002654j:plain

『越乃雪椿』だそうです。

日本酒アワードの金賞とか書いてある。

最近は、小さい瓶シリーズで、数種の銘柄が試せるものがあったので、利き酒でもやってみようかと思ったんですが『幻の滝』位しか、飲みたいと思わなかったので、買いませんでした。

このシリーズ。『ねのひ』とかもあったので、・・・・・いつか・・・。

ついでに、網走のチェリービール『桜桃の雫』も買ってみた。

f:id:kataseumi:20171001002653j:plain

チェリービールは、結構好きなのです。

この日は『ダンケルク』も観てきました。

よかったですよ~、圧倒されます。

観終わった後は暫く無言。

晩酌Time!!

f:id:kataseumi:20171001002658j:plain

「桜桃の雫」は、しっかりとしたルビー色。

わりとあっさりめで淡麗ですね。

飲み口も柔らかいし、飲みやすい。

というか、飲みやすさ重視。

私個人としては、同じ価格帯なら、も少しガツンとした外国産のチェリービアの方が好きかな~。

もう少し、ふわっとした甘さと主張が欲しかった。

ベルギー産。これ、高いんだよね

いつだったか、すごい好みのチェリービール飲んだけど、銘柄忘れました。

海で飲んだから美味しかったのかな~・・・?

さて、日本酒Timeです

f:id:kataseumi:20171001002657j:plain

お供は、イカの塩辛と、トマトとアボカドのサラダ。

日本酒・・・・お正月の『国稀』以来。

普段は、ビールの後酎ハイ又はワインが多いのですが、ちびりと日本酒もいいものです。

スーパーの説明書きは「淡麗」だったんですが、思ったよりとろっとしています。

すこしひねた感もあるかな?

味は「中辛」です。

200ミリリットル350円位の価格帯なら割といいかな?全部飲んじゃいました。

精米歩合は60%。

新潟の、小さな造り酒屋さんみたいですね。

香り華やかとなってましたが、実感できず。

飲みに行っても、最近はずっと日本酒から遠ざかっていたので、久々に「ちょっと行ってみようかな。」という気になりました。

 

よし、次は『国稀』飲もうっと。

読んでいただき、有難うございました。

 

祝!禁酒あけ!

こんにちは、かたせうみです。

趣味で40過ぎてから始めたバレエの発表会でした。

 

この年から始めると、情熱に身体がついていかず、全く上手くならない(^_^;)

でも、楽しいのです。

自分で始めた事って、ブログ然り、楽しいんですよ。

楽しいけれど、上達速度はカメの如く。

伸び率は低い上に、もう上を目指す事さえ叶わない。

その分気楽に楽しめますが、子供の頃に習う事が出来たなら、とも思えます。

習い事って、親に勧められる事も多くって、なかなか自分の好きなものとマッチする事って少ないと思います。

ですから、子供の頃に、そういう機会に恵まれた子は幸せだなと思います。

という事で、暫く禁酒してたんですが、本日は解禁日。

昨日は打ち上げで、しこたま飲みましたが、本日は家で宴です。

明日はお休みとってあるし(*^_^*)

記念すべき一杯目

f:id:kataseumi:20170924230724j:plain

やはし、世の中で一番おいしい飲み物、『ビール』です。

いつもは『サッポロクラッシック』ですが、本日は苦味が恋しくなったので『キリンラガー』です。

最近はコンビニにも置いてなかったりで、ご無沙汰です・・・!

まずはぐいっと!!

う~ん・・・・・?

以前より苦くない様な・・・。

『一番搾り』も最近味が変わった記事がありましたが・・。

ここもドライ傾向ですか?

私の勘違いでしょうか?

キリン・・・・ドラフトとか好きだったのにな・・・・。

いや、美味しい事には変わりないので、満足です!

本日のお供です!

f:id:kataseumi:20170924230742j:plain

骨付きの富良野ソーセージに、ザワークラウト!!

ザワークラウト大好き!

自宅で作るには、意外と時間と手間がかかるので、近所のイオンでビン詰購入。

f:id:kataseumi:20170924231356j:plain

ホットドッグも、これが入っているだけで一味違うのです!

残念ながら、日本人の受けが良くないのか、あまり出会う事がありません。

真打登場

頂きもののシャンパン

f:id:kataseumi:20170924230719j:plain

モエのシャンパン頂きました!

最近は友人の結婚式で飲んだきり。

せっかくなので、ベリーニ作ってみようと、桃を買いに行ったけど、もう売っていなかった。

f:id:kataseumi:20170924230735j:plain
f:id:kataseumi:20170924230739j:plain
仕方ないので、パウチと缶で代用してみた。

本当は本格ベリーニをレポートする予定だった。

白桃

f:id:kataseumi:20170924230745j:plain

桃をピューレにして、一切れはそのまま浮かべました。

静かにシャンパンを注ぎ入れます。

飲む時は混ぜてください。

 

パックの白桃ですが、口に入れる時にみずみずしく、桃の華やかな香りが鼻をくすぐります。

シロップも入れていないので、甘ったるさもなく美味しいです。

黄桃

f:id:kataseumi:20170924230746j:plain

ロゼの色味に、黄桃の黄色みが見事にマッチ。

写真は加工してませんが、ビジュアルでは白桃より魅力的に映ります。

両者並べてみます。

f:id:kataseumi:20170924230746j:plain
f:id:kataseumi:20170924230745j:plain
比べてください。

但し、残念ながら香りや風味が弱く、ビジュアル以外に白桃に勝てる所を探すのは難しい状態。

黄桃も充分美味しいんですが、比べると、白桃があれだけもてはやされるのも納得です。

シャンパンには、チョコレートも合いますよね。

私は、オレンジピールにチョコレートをコートしたものが好きです(*^_^*)

ベリーニですが、面倒な場合はピーチネクターでも作れます。

甘くないのが好きなら、やはり手作りで。

飲み始めると、もう作る気しないので、始めにピューレを作っておくのがいいと思います。

シャンパンはなかなか高価ですから、普段はスパークリングワインで!

個人的には、フレシネの『コルドンネグロ』が手に入りやすいし

甘くなくて好きです。

楽天見たら、ヴィンテージがありました。

飲んだ事ない・・・・・・・・・・・。

それではまた。

 読んで下さった方、有難うございます。

はてなで横並びの写真とキャプションが可能に!調子に乗ってお酒のギャラリー作ってみた。

こんにちは、かたせうみです。

何と、知らない間に、はてなブログで写真の横並びと、キャプションが可能になっていました。

せっかくなので、今迄のお酒に絡んだ写真のギャラリーページを作ってみようと思います。

メインブログはこちらです。

www.kataseumi.com

ベトナム、ダナン

今年の6月に行ってきたダナン。

至る所で飲んでます。

f:id:kataseumi:20170628011704j:plain

到着の夜は、一人で乾杯。ベトナムビールの『バーバーバー』
f:id:kataseumi:20170628011727j:plain
f:id:kataseumi:20170628011724j:plain
f:id:kataseumi:20170628011753j:plain
ダナンのメジャービールは『ラルー』か『タイガー』。『ラルー』の方が少し甘い。
f:id:kataseumi:20170628011806j:plain
f:id:kataseumi:20170628011750j:plain
ビーチバーでビール

ホイアンにて

f:id:kataseumi:20170628011855j:plain
f:id:kataseumi:20170628011856j:plain
おしゃれな雰囲気に、つい『ハイネケン』を頼んでしまった。

最終日

f:id:kataseumi:20170628011945j:plain
f:id:kataseumi:20170628014655j:plain
f:id:kataseumi:20170628012017j:plain
ミーケビーチの素敵レストランと、ホテルで最後の『タイガー』ビール

本当にビールしか飲んでいない・・・。

ベトナムのブログです。写真見て興味あったら読んでね。

www.kataseumi.com

札幌ビアガーデンにて

このブログのタイトル写真にもなっている、大通り公園のビアガーデン。

すすきのも行ってきました。

www.kataseumi.com

f:id:kataseumi:20170803012550j:plain
f:id:kataseumi:20170803012557j:plain
今回の2大ビール。サッポロとサントリー
f:id:kataseumi:20170803012612j:plain
f:id:kataseumi:20170803012611j:plain
f:id:kataseumi:20170803012614j:plain
ススキノの3大看板(本当はキリンもちゃんとあります。)

f:id:kataseumi:20170803012616j:plain

ススキノ『WADURO―和道―』は、落ち着いたシックなバーです。

最後に

こんな風に、色々レイアウトできるみたいで、写真が多い私のブログにはありがたい限り。

 

お酒は色々飲む方なんですが、ビールの写真ばかりで、自分でもびっくりです。

 

横並びを使うには、ブログ編集の写真貼り付け時に、ダブルクリックで貼るのではなく、写真選択後、画面下の「選択した写真を貼り付け」をクリックして貼りつけないと使う事が出来ないみたいですね。

写真貼り付けボタンの右上に、「通常」と、「横並び」が選択できるようになりました。

 

キャプションは、クリックした後自動的にウインドウが開くので、簡単につける事が出来ます。

この時、写真貼り付けボタンのすぐ上にある「貼りつけ時に詳細を設定する」のチェックボックスに、チェックが入っていないとキャプションウィンドウは開きません。

横並びの写真は、1グループとなるようで、どちらかだけの編集は難しいようです。

新しい事が嬉しくて、ちょっと実験的にブログを使ってしまいました。

詳しくはこちらで見てね。10日近く経ってる・・・・周知の事実だったら恥ずかしいな。

staff.hatenablog.com

読んで下さった方、有難うございます。

次は真面目にお酒の話を書きたいと思います。

さっぽろオータムフェスト、お酒編②

こんにちは、かたせうみです。

『さっぽろオータムフェスタ』のお酒編②です。

これから7丁目会場に向かいます。

①はこちらでどうぞ。

kataseumi.hatenadiary.com

メインブログはこちらになります。こちらでは、食や会場の説明が主な内容です。

www.kataseumi.com

オータムフェストでは、至る所でお酒が飲めますが、7丁目会場は、バー会場となっていて、飲兵衛さんウェルカムなのです!

大通り7丁目会場

大通り7丁目会場は、巨大なバーコーナー。

各地の銘酒やワインが楽しめます。

スタンダードビールは『アサヒ』みたいですね。

こちらはワイナリー一覧。

f:id:kataseumi:20170910011835j:plain

クラフトビールとどぶろく、焼酎が並びます。

f:id:kataseumi:20170910011832j:plain

f:id:kataseumi:20170910011837j:plain

日本酒。と、日本酒カクテル。

う~ん、既に酔っぱらってるので今日は避けます。

日本酒カクテル、意外にいいんだよね~・・・・。

ここでの人気は、「日本酒飲み比べセット」かなりの人が頼んでいた。

私も試したかったけど、上記の様な理由でトライできず。

11の蔵元の中から、5種類を選んで飲めるようです。

こんな屋台もあり、1日じゃ遊びきれません。

f:id:kataseumi:20170911003217p:plainHPより引用

さて、飲み比べですが、記憶を頼りにいくと、『合同酒精』『千歳鶴』『小林酒造』『国稀』『男山』『高砂酒造』他。(あとの5つの蔵元様、ごめんなさい。)

是非試して頂きたいのは、『国稀』ですね。

増毛の地酒で辛口。

日本最北の蔵元だそう。

国稀オンラインショップ / 会社概要

クリアな味わいで飲みやすいです。

最近は、道内コンビニでも350mlビンが買えるようになりました。

新潟のお酒が好きな方なら美味しいと思ってもらえるはず。

『小林酒造』は、札幌にほど近い栗山町にある蔵元。

由緒ある蔵元で、毎年一回蔵元祭りが開かれ、限定酒の販売もあります。

天皇陛下がいらした事でも有名。

私が飲んだのは

私もそろそろ酔っ払い、飲むお酒を選ばねばならなくなりました。くうぅ。

結局、これを頼みます。

f:id:kataseumi:20170910011841j:plain

f:id:kataseumi:20170910011839j:plain

今回は、シードルが数点出品されていたので、リタファームのシードルです。

リンゴと言えば余市。

余市といえばニッカ。

この「リタ」は、間違いなく竹鶴の奥さんの名からとったんでしょ。

という事で、『マッさん』を見ていた私は迷わず「農家のシードル」にしました。

さすが、バルコーナー、ちゃんとグラスで出てきました。

味は?

甘くない。

どちらかというと薄味で、林檎の風味は少ない。

ニッカのシードルばかり飲んでいたので、違いにびっくり。よく見たらアルコール度数も高めですね。

シャンパンはきついけど、甘めのスパークリングはベタっとしていて気持ち悪い。

なんて方にぴったりかな?

f:id:kataseumi:20170910011853j:plain

最後、ワインで締めました。

500円、高い。

①で書いた、セイコマのワインは200円だと言うのに。

あとグラス。プラカップにしても、もう少しひねってほしいな・・・・。

飲み物や食べ物は、器で味も違うんですよね。

ちょっと残念。

これで、オータムフェストのお酒ブログは終わりです、読んでいただいた方、有難うございます。

不定期更新ですが、また読んでくださいね。

さっぽろオータムフェスト、お酒編①

こんにちは、かたせうみです。

札幌の、『オータムフェスト』に行ってきました。

メインのブログで書いていますが、こちらでは、お酒の詳しい話を書いてみたいと思います。

メインブログです。

www.kataseumi.com

テレビ塔のある1丁目では、ドイツビールが味わえます

大通り公園は、1丁目から11丁目まで、横にずら~っと長い公園。

はじから歩くと2キロくらいあります。

まず、ドイツビールが味わえる『オクトーバーフェスト』1丁目会場で、週替わりのゲストビールを頂きます。

f:id:kataseumi:20170910011752j:plain

f:id:kataseumi:20170910011754j:plain

『ホップベリーIPA』1200円。

高いっ!!

1つ苦言を言わせてもらえれば、上の写真、この状態でFULLです。

容量が決まっていると思うのですが、グラスの途中で終わるビールなんて、私的にはありえないのです!!!

写真を再度御覧ください。

 f:id:kataseumi:20170910011752j:plain

味は?

ベリー果汁が入って、フルーティで凄く美味しいです!

果汁入りにありがちな甘さは無く、後味に甘さが残る程度。

軟らかい味わいで、ドライではありません。

でも、苦味も少ない、フレッシュな感じ。

サーバーも綺麗にメンテナンスされているんでしょう、雑味の様なものも感じられません。

こんなに美味しいので、グラスにしっかり満タンに入っていない事が惜しくてたまりません。

この会場では、ホフブロイ等の、本格ドイツビールもあります。

カッティングされたジョッキに入っていて、とっても洒落ています。

www.sapporo-oktoberfest.com

f:id:kataseumi:20170910011751j:plain

ずらっと並ぶ、ヨーロピアン調のサーバー達。

新宿の『ミュンヘン』を思いだします。(神奈川出身なのです)

f:id:kataseumi:20170910011750j:plain

居心地のいいスペースです。

HPより引用

4丁目会場のセイコーマートブース

総合案内のある、4丁目会場には、セイコーマートがブースを出しています。

セイコーマートは、北海道の地元密着コンビニ。

道内、どこへ行ってもセイコーマートは温かく迎えてくれます。

地方コンビニと侮るなかれ、元々酒屋さんだったらしく、独自の仕入れで専売している、安くておいしいワインが豊富にあります。

f:id:kataseumi:20170910011758j:plain

f:id:kataseumi:20170910011800j:plain

何とグラスワイン*1 200円から。

スパークリングやシャンパンもあり、ほとんどの物が200円で楽しめます。

写真は、シャンパン(マイナー銘柄)1杯400円。

グラスはプラスチックですが、デザインに企業努力を感じます。

セイコマのワインは、ほぼ飲んだ事があるのでコメント的には『いつもの味』です。

リーズナブルに味わえるので、盛り上がっています。

酔っ払いはいないけど(?)みんな色々な所でぐびぐび飲んでいます。

6丁目会場はーべすとバザール

この会場で飲んだのは『島の人』という、礼文から出しているお店の『島の人ビール』。

お店の人に聞いたら、「地ビールなんですよ。」との事。

地ビールかぁ、ちょっと苦手な物が多いんだよなぁ・・・。

と思いながら、お兄さんの笑顔に負けて頼んでみます。

f:id:kataseumi:20170910011825j:plain

これがね~、美味しかった!!

地ビールというと、ちょっと拘りがあるがために、癖のあるものが多かったりしますが、このビールは、鼻につく癖がありません!

色から、エールタイプの濃い味かなと思いましたが、もっと、なんていうか、ピルスナ―タイプ無ろ過???

デリケートな味です。

「フルーティですよ。」

というオススメ文句の通り、爽やか。

カキやウニの邪魔をしません。

もし、ここに行く機会があれば、是非飲んでみてください!

 

あと、2軒ほど行きますが、②へ続きます。

読んでいただき、有難うございます。

*1:ボトルの用意もあり