お酒ばっかり飲んでるわけじゃないですよ。

このブログは、かたせうみがお酒について書くブログです。

ふるさと納税オススメ品と使い道!

こんにちは、かたせうみです。

 

メインブログで「ふるさと納税」の記事を書いたのですが、その使い道が私の場合ビールやお酒・・・(^_^;)

 

オススメ品や使い道も書きたかったんですが、メインブログではお酒の記事はあまりかけないので、こちらで熱く語りたいと思います。

www.kataseumi.com

まだ間に合う!ふるさと納税。今年最後に節税して、来年の住民税をお安く - 人生半分過ぎたらしいので、色々やってみるブログ

 

ふるさと納税返礼品

 

さて、ふるさと納税返礼品ですが、色々ありますよね。

 

私はとにかく「ビール」が無いとダメなので、申し込んだのは「プレモル1ケースにもつ鍋セット+、今ならうまうま餃子25個付」というごついやつ。

 

「どこに寄付したの?」と聞かれますが、正直自治体は覚えておらず、『ビールともつ鍋』という事だけ鮮明に覚えております。

 

 

本当は、ビールは『キリン』か『サッポロ』がいいのですが、他にこれと匹敵するものが無かったので仕方ない。

 

私は低額所得者なので、ふるさと納税はこれだけで上限なんですが 、まだ夫の分が残っている!!

 

本当、色々見てると妄想膨らみ、あっという間に数時間・・・。

しかも色々見過ぎて頭痛まで・・・。

お金に目がくらんだ人のイラスト(女性)

 

ビールのケースやワインセット色々あります。

そこで私はちょっと考えたんです。

 

おりしも今は年の瀬、お遣い物が必要な時期なのでは???

 

返礼品、自宅で消費するのもいいのですが、これから年度末にかけておよばれしたり、お礼やお餞別に1000円~2000円程度の物を購入する予定がありませんか?

 

返礼品がすぐに届くとは限りませんが、お酒好きなあの人に、ちょっと差し入れとかありますよね。

いずれ買うなら、返礼品で貰っておくのも1つの手かも・・・と、閃きました。

 

 

「霧島」赤と黒3本づつのセット、10000円

芋焼酎派のあの人へ。

高すぎもせず、安すぎもせず、有名銘柄の「霧島」。

年末年始の宅飲みやおよばれの手土産にプラス一品。

 

こういうのって、必ず買うから、先に用意しておくと突然の出費にあたふたしなくて済みます。

ラッピングは簡単ですから各自で。

 

 高額所得者にはこんなのもありました。

 

 

 はぁ~・・・『ドンペリニヨン』ですか・・・・。

48000円・・・。

 買えば出費だけど、あとで控除や還付があると思えば・・・。

 

よほどブルジョアな御宅でなければ、大層喜ばれ、心意気も買ってもらえそうな逸品ですね。

ここぞという時にストックしておきましょう。

 

どうせ消費するならビールをケースでストック!あっという間に無くなるけどね。

 

どうせいつも必ず買うビール・・・。

地ビールなんかもあったけど、やっぱりいつもの。

少しでもお得に。

 ビール○○ケースセットは、各金額で用意されています。

「ビール定期便」なんて言うのも(*^_^*)

銘柄色々あるけど、やっぱりここは『エビス』でしょ。

 

お洒落な御宅へ・・・ワイン

 

ホームパーティーが日常化している御宅の差し入れなら、やっぱり「ワイン」ですかね。

数本ストックしておくと、突然の来客にも対応できます。

 

十勝ワイン。

飛びぬけていい銘柄という訳でもありませんが、500円台のワインよりは優秀です。

晴れの日用に、スパークリングも3本ついてくる。

月山ワインや、山梨のワインもありますよ。

 

高級品は数あれど

 

すごく話題のふるさと納税。

高級品もたくさんあります。

それなりの手土産が必要な時もありますが、ちょっとした差し入れってよくしますよね。

義両親とかにも。

どうせ買うなら、今回みたいにふるさと納税でいくらかストックしておくのも手かなと思って、この記事を書きました。

 

日本酒もあったんですが、私がレビュー出来るものは見当たらず。

 

ふるさと納税は、楽天やYahooでも扱っていて、ポイントもついちゃうみたいなので、お買い物感覚で覗いてみてはいかがですか?

 

制度の仕組みについては、私もブログに書きましたが、各サイトでも丁寧に説明されているので、ご参照ください。

 

バナークリックで、サイトへ飛びます。

 

さてと、週末は何飲もうかな~?

かたせうみでした。

読んでいただき、ありがとうございました。

 

限定醸造 ! サッポロビールのルビーベルグは美味しかった。

こんにちは、かたせうみです。

今日は、11月21日に発売されたばかりのサッポロビール『ルビーベルク』の紹介です。

エイジゲート | サッポロビール

      

f:id:kataseumi:20171127190206p:plain

以前、ホワイトベルグの懸賞で、当たると貰えた。

サッポロ ホワイトベルグ

 

『ホワイトベルグ』といえば、サッポロビールが作る、第三のビールのブランドです。

 

ベルギーを代表するビアスタイルのホワイトビールから学んだ、オレンジピールとコリアンダーシードが奏でるフルーティーな味わいの新ジャンル。

 

だそうです。

 

フルーティで、第三のビールにありがちな焼酎っぽさや、安アルコールの味がしなくて、私は大好きなんですよね。

でも、扱うお店が少なくて、買う時はいつも苦労をしています・・。

もっと人気があってもいいのに。

 

今回は、この『ホワイトベルグ』に、チェリーの味をプラスした「ルビーベルグ」が仲間入り。

 

期間限定で販売されます。

 

過去、このシリーズは限定品が出ている。

 

過去、このシリーズはいくつか限定品が出ていたりして、サッポロもお気に入りなのかなと思うんですが、何でもっと流通しないんだろう!!

 

美味しいんですよ!

 

ただ、さわやかな風味があるので、従来のビールに近い味を求めている方には人気が無いのかな。

ビアホールで飲んでいる味がするのに~。

 

さっきHPを確認したら、次のラインナップに『ピーチベルグ』が控えていました。

2月14日発売という事で、これもすごく楽しみです!!

「ピーチベルグ」の画像検索結果

エイジゲート | サッポロビール(お酒のサイトなので、リンクがこのように・・・。)

 

早速試飲!!そのまま晩酌へ突入!

 

それでは、早速試飲です、いざ!

f:id:kataseumi:20171127190354j:plain

華やかなルビーレッド。

ほんのりチェリーの甘酸っぱい味と香りで、乾杯にぴったりです。

チェリービアが好きな方には、納得の味です。

私はチェリービールが好きで、見かけると良く買ってきますが、とにかく高い。

輸入品も高いし、国産は地ビールだからかやっぱり高い。

でももう大丈夫!

これが売られている限り、ベルギー産の高いチェリービールを買わなくてもいいんです♡

 

ほんのり甘さも感じられて、苦味はほとんどありません。

輸入品のチェリービールと比べても、遜色ない味です!

 

この商品は第三のビールではなく発泡酒なので、通常のホワイトベルクより少し高くなります。

 

でも、フルーツビールなので、味はビールからかなり離れます。

「まずはビール!」という方の1杯目には向かないので、その場合は2杯目にお勧めします。

 

 とりあえず、限定品なので飲んでみてはいかがでしょうか?

ついでに、私の好きな『ホワイトベルグ』が、市場を席巻できるといいな。

読んでいただき、有難うございました。

今年もボジョレーヌーボー!季節ものだからね。

こんにちは、かたせうみです。

 

お酒の方のブログは1カ月ぶりみたいです。

はてなが言っていた。

 

本当に、月日が過ぎるのは早いですね、だって、もう「ボジョレー・ヌーボー」の解禁日。

という事で、今年もボジョレ―を飲んだのでブログに書いておきます。

 

ボジョレー・ヌーボー2017

 

普段、ウィスキー以外は何でも飲むのですが、私が文章として書けるのは「ビール」と「日本酒」位。

そんな私が、無謀にも今日はワインのレビューを書く事にします。

 

本日は、北海道コンビニの雄「セイコーマート」でワインを購入。

 

「セイコーマート」といえば、北海道では断トツのシェアを誇る地元のコンビニエンスストア。

お酒に特化していて、独自ルートでのワインも輸入しており、安価でなかなか美味しいワインを手に入れる事も出来ます。

 

本日は、このセイコーマートでワインを購入しました。

 

じゃ~ん!これだ!

f:id:kataseumi:20171118152116j:plain

ちょっと格上の「ヴィラージュ」を購入。

最近は、ペットボトルに入ったものが並んでいますが、やっぱりちょっと美味しくないし、気分も上がらないので、今年はそれなりのものを、2230円で購入。

 

何と、おしゃれなワインバッグに入れてくれた。おおぅ!

f:id:kataseumi:20171118152118j:plain

ワインといえば、私は全く詳しくありませんが、漫画の島耕作が語るには、「フランスは、少し離れると地層が全く違うので、隣り合っている畑でも全然ブドウの出来や味が違う。」との事。

なので、『ロマネ・コンティ』の畑の隣で採れても、「ブドウは全く別物」になるらしい・・・・・・なるほど・・・。

 

人生で経験した、一番高い赤ワインが4000円の私には未知のお話ですね・・・。

 

じゃあ、ちょっとボジョレ―飲んでみますか、平日だけれども。

 

それでは、いつもワインを飲むと悪酔いする私が飲んでみると致しましょう。

平日を言い訳に、オードブルは作らないし、食器も凝っていません。

f:id:kataseumi:20171118152120j:plain

今日のお共は「蒸しガキ」と、「カマンベールチーズ」。

他に、夕食のシチューとサラダです。

アボカドとトマトのサラダ等が合うみたいですよ、今日は作らないけど。

 

さて、味は・・・・。

美味しい!!

毎年、ボジョレ―飲むと美味しいと思うんですよね。

やっぱり、普段5~600円のワインを常飲しているから、すごく美味しく感じます。

渋みも少ないし、赤ワインの飲みにくい所がほとんどない。

かといって、カリフォルニアワインの安い味とも違う。

 

よく、「ワイン通はボジョレ―を馬鹿にする」とか聞きますが、私には充分美味しいワインです。

単価1万を超えるワインとか、ロマネとか、どんな味がするんだろう・・・??

 

そして・・・、蒸しガキうまぁあああぁい!!

ボジョレ―に合わせて、近所のスーパーが気張って入荷したけど、客層が変わらず失敗(?!)

早々に半額になっていたものを購入!!

 

ボジョレ―といえば、牡蠣!・・と思ったけど、磯の香りが強くて、美味しいけどあんまりこのワインには合わなかったかな。

 

この日の為に、レバーペースト作っておけばよかったと後悔。

 

今年は、ボジョレ―のロゼがあるってラジオで言っていたから、見つけたら買ってみよう。

解禁日じゃなくてもいいもんね。

 

この後、結局飲み過ぎてつぶれて、気づいたら深夜の1時を過ぎていました。

 

読んでいただいて、有難うございました。

これはおすすめ!北海道の美味しいお酒「国稀」

こんにちは。

最近、お酒のブログを始めたのをいい事に、色々お高めなお酒を買ったりして金欠となっているかたせうみです。

 

以前から『国稀』『国稀』と書いていて、ちっとも記事を書いていなかったんですが、買ってきました。

 

じゃ~ん、『国稀特別純米酒』です

 

f:id:kataseumi:20171015172151j:plain

f:id:kataseumi:20171015172152j:plain

f:id:kataseumi:20171015172153j:plain

国稀は、北海道の増毛町にある、日本最北端の酒蔵です。

以前、飲みに行っていた小料理屋さんに「今オススメのお酒だから!!」

と勧められました。

 

今回買ったのは、特別純米で1600円位。

同じ大きさの「佳撰」と比べると、倍くらい値段が違います。

日本酒のまずいのは飲みたくないので、思わず高い方に手を出してしまった。

 

f:id:kataseumi:20171015172155j:plain

奥にある青い缶は何でしょうか?

 

「始めはビール」が欠かせない私なので、先にコンビニ限定、サッポロの『至福のキレ』なんていうのも飲んでいます。

 

余談ですが、これはまぁまぁだったかな~・・・。

もう買わないけど。

サッポロが「キレ」とか言っちゃったら、つまらないじゃないのよ。

と思う。

 

さて、味はどうでしょう・・・・?

 

あ、やっぱり美味しい~。

この間の「八海山」にくらべてまろやかで甘味が少しある。

くせも無く飲みやすい。

「これ、美味しいねぇ。」と言いながら、夫とぐいぐい飲んでしまった。

 

肴は、『酒盗クリームチーズ』。

クリームチーズをさいの目に切り、カツオやマグロの酒盗をかけたもので、私のお気に入り。

チーズはさいの目にしなくてもいいんですが、この様にカットしてからにすると、味が違って美味しいんですよ。

多分、酒盗との絡みが良いんだと思います。

 

鰯の丸干しも良かったです。

 

国稀 特別純米酒 1.8L

国稀 特別純米酒 1.8L

 

 

これだけ美味しかったら、安い方の国稀にも期待しちゃうな、今度買ってみよう。

それではまた。

読んでいただき、有難うございました。

 

久々に八海山。と、幻の瀧

こんにちは、かたせうみです。

前回「越の雪椿」を飲んで、『日本酒ってこうだっけ?』と思ったので、大枚はたいて買ってきました。

 

八海山

 

f:id:kataseumi:20171008222901j:plain

 

小さいやつです。

1000円位だから、前回の雪椿に比べ、高価格ですよね。

あっ、別に雪椿が美味しくなかったとかではないんです。

f:id:kataseumi:20171008222904j:plain

塩辛と、買ってきた焼き鳥。

 

八海山といえば、お酒を飲むなら知らない人はいない有名銘柄。

今はどこでも手に入りますが、『夏子の酒』が流行った20年前は、手に入りにくかったんですよ~。

 

さて、お味ですが。

 

辛っ!

キレがある。

やっぱり、この間の私の違和感は間違いではなかった。

 

舌にそんなに自信がある訳ではないけれど、私の思っている日本酒の味。

 

フルーティーではないけれど、嫌みのない、塩気やお刺身の脂によく合う味。

少しだけアルコール度の高さを感じさせる。

 

やっぱり好きな味。

こうなってくると、片っぱしから飲みたいけど、日本酒ってお値段に幅があるんだよね・・・。

 

どなたか、安くておいしい銘柄教えてください。

月並みですが、十四代が好きです。

買えない・・・・・・。

 

試してみたかった、ちょっとシリーズ

 

前回、280円位で、数種類出ている『名水シリーズ』の話をちょこっとしましたが・・。

買ってみました。

ちょっと怖いので、安定の『幻の瀧』

f:id:kataseumi:20171008222907j:plain

『幻の瀧』は、富山のお酒だったと思う。

 

昔、日本酒を飲んでた時、「出身地の酒を飲む。」といって、友人が飲んでいた。

私も飲んだけど、美味しかったと思う。

 

はい、安定の味です。

八海山より、味を感じさせるかな?

 

このシリーズ、他に『あさ開』とか『ねのひ』なんかがあります。

『ねのひ』のいいのを飲んだ事が無いので、『ねのひ』がこのシリーズに入っていると言うだけで避けていた。

 

飲みきりサイズでちょうどいい。

 

今度『ねのひ』も飲んでみよう・・・・。

いや、やめておくかな?

 

読んで下さった方、有難うございました。

自家製塩辛と日本酒

こんにちは、かたせうみです。

イカが不漁の今年、ついになかなか良いイカを入手!

早速、塩辛にして5日目、今日は日本酒でゆっくり飲もう~っと!

というわけで、近所のスーパーで物色。

お高い有名銘柄は今日はパ~ス(お金無いから)

塩辛の作り方記事

 www.kataseumi.com

そんな訳で買ってきました

f:id:kataseumi:20171001002654j:plain

『越乃雪椿』だそうです。

日本酒アワードの金賞とか書いてある。

最近は、小さい瓶シリーズで、数種の銘柄が試せるものがあったので、利き酒でもやってみようかと思ったんですが『幻の滝』位しか、飲みたいと思わなかったので、買いませんでした。

このシリーズ。『ねのひ』とかもあったので、・・・・・いつか・・・。

ついでに、網走のチェリービール『桜桃の雫』も買ってみた。

f:id:kataseumi:20171001002653j:plain

チェリービールは、結構好きなのです。

この日は『ダンケルク』も観てきました。

よかったですよ~、圧倒されます。

観終わった後は暫く無言。

晩酌Time!!

f:id:kataseumi:20171001002658j:plain

「桜桃の雫」は、しっかりとしたルビー色。

わりとあっさりめで淡麗ですね。

飲み口も柔らかいし、飲みやすい。

というか、飲みやすさ重視。

私個人としては、同じ価格帯なら、も少しガツンとした外国産のチェリービアの方が好きかな~。

もう少し、ふわっとした甘さと主張が欲しかった。

ベルギー産。これ、高いんだよね

いつだったか、すごい好みのチェリービール飲んだけど、銘柄忘れました。

海で飲んだから美味しかったのかな~・・・?

さて、日本酒Timeです

f:id:kataseumi:20171001002657j:plain

お供は、イカの塩辛と、トマトとアボカドのサラダ。

日本酒・・・・お正月の『国稀』以来。

普段は、ビールの後酎ハイ又はワインが多いのですが、ちびりと日本酒もいいものです。

スーパーの説明書きは「淡麗」だったんですが、思ったよりとろっとしています。

すこしひねた感もあるかな?

味は「中辛」です。

200ミリリットル350円位の価格帯なら割といいかな?全部飲んじゃいました。

精米歩合は60%。

新潟の、小さな造り酒屋さんみたいですね。

香り華やかとなってましたが、実感できず。

飲みに行っても、最近はずっと日本酒から遠ざかっていたので、久々に「ちょっと行ってみようかな。」という気になりました。

 

よし、次は『国稀』飲もうっと。

読んでいただき、有難うございました。

 

祝!禁酒あけ!

こんにちは、かたせうみです。

趣味で40過ぎてから始めたバレエの発表会でした。

 

この年から始めると、情熱に身体がついていかず、全く上手くならない(^_^;)

でも、楽しいのです。

自分で始めた事って、ブログ然り、楽しいんですよ。

楽しいけれど、上達速度はカメの如く。

伸び率は低い上に、もう上を目指す事さえ叶わない。

その分気楽に楽しめますが、子供の頃に習う事が出来たなら、とも思えます。

習い事って、親に勧められる事も多くって、なかなか自分の好きなものとマッチする事って少ないと思います。

ですから、子供の頃に、そういう機会に恵まれた子は幸せだなと思います。

という事で、暫く禁酒してたんですが、本日は解禁日。

昨日は打ち上げで、しこたま飲みましたが、本日は家で宴です。

明日はお休みとってあるし(*^_^*)

記念すべき一杯目

f:id:kataseumi:20170924230724j:plain

やはし、世の中で一番おいしい飲み物、『ビール』です。

いつもは『サッポロクラッシック』ですが、本日は苦味が恋しくなったので『キリンラガー』です。

最近はコンビニにも置いてなかったりで、ご無沙汰です・・・!

まずはぐいっと!!

う~ん・・・・・?

以前より苦くない様な・・・。

『一番搾り』も最近味が変わった記事がありましたが・・。

ここもドライ傾向ですか?

私の勘違いでしょうか?

キリン・・・・ドラフトとか好きだったのにな・・・・。

いや、美味しい事には変わりないので、満足です!

本日のお供です!

f:id:kataseumi:20170924230742j:plain

骨付きの富良野ソーセージに、ザワークラウト!!

ザワークラウト大好き!

自宅で作るには、意外と時間と手間がかかるので、近所のイオンでビン詰購入。

f:id:kataseumi:20170924231356j:plain

ホットドッグも、これが入っているだけで一味違うのです!

残念ながら、日本人の受けが良くないのか、あまり出会う事がありません。

真打登場

頂きもののシャンパン

f:id:kataseumi:20170924230719j:plain

モエのシャンパン頂きました!

最近は友人の結婚式で飲んだきり。

せっかくなので、ベリーニ作ってみようと、桃を買いに行ったけど、もう売っていなかった。

f:id:kataseumi:20170924230735j:plain
f:id:kataseumi:20170924230739j:plain
仕方ないので、パウチと缶で代用してみた。

本当は本格ベリーニをレポートする予定だった。

白桃

f:id:kataseumi:20170924230745j:plain

桃をピューレにして、一切れはそのまま浮かべました。

静かにシャンパンを注ぎ入れます。

飲む時は混ぜてください。

 

パックの白桃ですが、口に入れる時にみずみずしく、桃の華やかな香りが鼻をくすぐります。

シロップも入れていないので、甘ったるさもなく美味しいです。

黄桃

f:id:kataseumi:20170924230746j:plain

ロゼの色味に、黄桃の黄色みが見事にマッチ。

写真は加工してませんが、ビジュアルでは白桃より魅力的に映ります。

両者並べてみます。

f:id:kataseumi:20170924230746j:plain
f:id:kataseumi:20170924230745j:plain
比べてください。

但し、残念ながら香りや風味が弱く、ビジュアル以外に白桃に勝てる所を探すのは難しい状態。

黄桃も充分美味しいんですが、比べると、白桃があれだけもてはやされるのも納得です。

シャンパンには、チョコレートも合いますよね。

私は、オレンジピールにチョコレートをコートしたものが好きです(*^_^*)

ベリーニですが、面倒な場合はピーチネクターでも作れます。

甘くないのが好きなら、やはり手作りで。

飲み始めると、もう作る気しないので、始めにピューレを作っておくのがいいと思います。

シャンパンはなかなか高価ですから、普段はスパークリングワインで!

個人的には、フレシネの『コルドンネグロ』が手に入りやすいし

甘くなくて好きです。

楽天見たら、ヴィンテージがありました。

飲んだ事ない・・・・・・・・・・・。

それではまた。

 読んで下さった方、有難うございます。